親知らずの抜歯

電話でのお問い合わせ 043-307-3588

〒260-0025千葉県千葉市中央区問屋町2−29イオンスタイル千葉みなと内

診療時間
09:30 ~ 13:30 / / /
15:00 ~ 18:00 / / /

休診日:水・日・祝

キービジュアル

MENU

親知らず抜歯の専門家「口腔外科指導医」が在籍。
大学病院レベルの難症例も対応可能です。

親知らずを抜歯する基準

日本人では親知らずを抜歯する方が非常に多いです。
しかし、すべての親知らずを必ず抜かなければならない、というわけではありません
適切な位置に生えてきて、歯の健康が維持できるのであれば、親知らずはそのままにしておいて問題ありません。

しかし、顎の比較的小さめな方の場合、斜め方向に生えてきてしまうようなケースも多く、生えてきた親知らず歯がほかの歯を押して痛みを感じることもあります。
このようにトラブルが生じてしまうことを防ぐために、親知らずを抜歯することが必要になるのです。
「必ず抜かなければならない」のではなく、「問題になりそうなら抜歯する」と考えていただくのが良いでしょう。

親知らずは、奥歯を失った際にブリッジ型の人工歯をセットするために用いることができたり、親知らずをほかの歯の場所に移植したりすることができます。
『予備の歯』として温存しておくことができるため、抜かずにおいておくことのメリットもあるのです。
また、抜歯を行うと数日間は痛みや腫れを伴うケースもあります。

抜歯する必要があるかどうかは、患者さん個人の状態によっても大きく異なりますので、まずは歯科医に相談していただいて、メリット・デメリットについて把握していただきたいと思います。

親知らずを抜歯するメリット/デメリット

■ メリット

  • ・日々のブラッシングがしやすくなることで虫歯・歯周病の予防になる
  • ・親知らずが原因の口臭(磨き残し)が改善される
  • 歯並びの悪化を防ぐ

■ デメリット

  • ・治療後、腫れることがある(腫れた場合でも数日で治まります)
  • ・抜歯することで空いた穴に食べ物が詰まることがある(およそ1ヶ月間程度)

患者さんによって様々な状況が考えられますので、まずは歯科医師と相談の上、現状把握、そして親知らずを残しておいた場合の利点と欠点を理解することをお勧めします。

「的確」に親知らずの抜歯を行うために

親知らずを的確に抜歯するため、当院では下記のような取り組みを行っています。

CTによる事前の診断

CTによる事前の診断

複雑な親知らずの抜歯に際しては、顎の神経や太い血管を傷つけないようにするため、あらかじめレントゲン写真などを用いて歯の状況を確認する必要があります。
ここでより正確な判断を下すためには、画像を三次元に取り込んでチェックすることが重要です。それを行える機器がCTなのです。

CTによる診断が必要かどうかは症例によって異なりますが、必要に応じて使用し、適切な治療を行います。
※CTの費用は保険適用になる場合と、適用外になる場合があります。詳細についてはご来院時などにお尋ねください。

親知らずの抜歯症例のご紹介

水平埋伏歯
顎の骨の中で横向きに生えている歯のことを、水平埋伏歯といいます。
骨の中に埋まった状態の親知らずなので、まっすぐに生えてこようとしている親知らずよりも抜歯するのが難しいです。
抜歯方法は、歯茎を切り開いて、親知らずや顎の骨の一部分を削るなどして抜いていきます。必要に応じて親知らずを割るなどの処置も必要です。

戦略的抜歯
現時点では親知らず歯に問題がなくとも、将来的に明らかにトラブルの原因となりそうであるときに行う抜歯を、戦略的抜歯といいます。
親知らずは奥のほうにあるため、どうしても磨き残しが多くなりやすく、虫歯リスクが高い歯です。
ある程度虫歯が進行してしまい、今後もブラッシングによるセルフケアが難しそうな場合には、戦略的抜歯をお勧めすることもあります。ほかにも、いくつかの症例では戦略的抜歯をお勧めすることがあります。

親知らずQ&A

右の親知らずを抜いたら、左の親知らずも抜かないといけませんか?
まったくそんなことはありません。同じく、上の親知らずを抜いたら下の親知らずも抜かなければならない、ということもありません。これによってお口の中のバランスが崩れる心配もありませんので、ご安心ください。
親知らずが生えてきたせいで手前の歯が押され、歯並びが悪くなるって本当ですか?
現在では、親知らずのせいで歯並びが変わることはないと、多くの論文で結論付けられています。
どんな親知らずでも抜歯してくれますか?
ほとんどの場合は当院で抜歯しますが、以下の場合は大学病院等の専門機関にご紹介しております 。

・心臓病や重度の糖尿病などの全身的なリスクが非常に高い方(通常の高血圧などは問題ありません)
・極度の歯科恐怖症で、抜歯時に全身麻酔が必要な方
・親知らずを抜歯する際、神経や血管を損傷する可能性が非常に高い場合
親知らずの抜歯にかかる費用はいくらくらいですか?
親知らずの抜歯は、保険治療の適用範囲内です。通常の抜歯であれば、1本あたり1,000~2,000円程度となります。難易度が高い治療となる場合は5,000円ほどかかる場合もあります。
親知らずの移植は行っていますか?
行っています。ただし、すべての親知らず歯が移植できるとは限りません。移植先の状況や親知らずの状況に応じて、移植できるかどうかが変わりますのでご留意ください。

その他、親知らずの抜歯以外の口腔外科に関して

当院の口腔外科では、親知らずの抜歯以外にも、顎関節症、口内炎、スポーツなどによる外傷、歯牙移植術といったものまで、幅広い疾患に対応しています。
顎に違和感がある、腫れや痛みがあるなど、気になる点がありましたらお気軽にご相談ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • Mail相談

電話でのお問い合わせ

043-307-3588
〒260-0025
千葉県千葉市中央区問屋町2−29
イオンスタイル千葉みなと内

このページの先頭に戻る