虫歯

電話でのお問い合わせ 043-307-3588

〒260-0025千葉県千葉市中央区問屋町2−29イオンスタイル千葉みなと内

診療時間
09:30 ~ 13:30 / / /
15:00 ~ 18:00 / / /

休診日:水・日・祝

キービジュアル

MENU

「痛みを最小限に」「なるべく削らず」「歯の神経を守る」
どれも、私たち歯科医の果たすべき使命です。
虫歯になってしまっても、よりよい状態での完治を目指します。

可能な限り「痛みを抑えた」治療

可能な限り「痛みを抑えた」治療

治療時に痛くないのは当たり前の時代です。

私たちは、麻酔時の痛みも軽減させるために、以下のような取り組みを行っています。

  • STEP1表面麻酔

    表面麻酔は、歯肉に塗ることで注射時の痛みを軽減させることができます。
    塗り薬ですので、これ自体が痛いということはありません

  • STEP2「極細の針」を使用

    針は細いほど痛みを感じにくくなります。
    当院では極細の針を導入しており、麻酔の効果と合わせてさらに痛みを抑えることができます。

  • STEP3電動麻酔注射を利用しゆっくりと注入

    麻酔注射は、針が刺さった時の痛みだけではなく、注射液が体内に入ってきたときの圧力変化も不快な痛みになってしまいます。
    当院では、電動麻酔注射器を利用して、不快感を生じさせないよう、ゆっくりと薬液を注射していきます。

  • STEP45倍速コントラ

    当院では、通常の5倍速で回転する「5倍速コントラ」という器具を使用しています。
    5倍速コントラでは、通常のものよりも音と振動をかなり抑えることができるため、不快感が少ない状態で治療を受けていただくことができます。

  • STEP5各種テクニックの駆使

    歯茎には、痛いと感じやすい場所があります。

    極力そうしたポイントを外して注射することで、より痛みの少ない注射を行うことができるのです。

可能な限り削る量を抑える 〜MI(Minimal Intervention)という選択〜

可能な限り削る量を抑える 〜MI(Minimal Intervention)という選択〜

最小限の処置で最大限の効果を発揮する』というのが、MIの考え方です。
歯科治療では、「虫歯になったとしてもできる限り削らず、患部だけを殺菌処理して歯を保存する」ということになります。
なぜ、歯科治療においてMIが重要なのか。
それは、歯は一度削ると二度と再生しないからです。

これまでの歯科治療は、「虫歯になったら削る」「削ったら埋める」「虫歯が大きすぎる場合は抜歯する」という治療が中心でした。

もちろんこれ自体は間違った治療方法ではありませんが、一度抜歯してしまうと、その歯は完全に失われてしまいます。

MIの考え方では、虫歯を削ったり抜歯したりするのではなく、管理して歯を保存するためにできる処置を行います。

このMIという考え方は、2000年に、国際歯科連盟(FDI)が提案したもので、現在では、この理念に沿った治療計画を立てる歯科医院が増えてきています。

しかし、患者さんの立場からすると、
本当に虫歯を削らなくても大丈夫?
インプラントよりもMIのほうがいいの?
など、疑問に思われることは多いでしょう。

MIでは、歯の健康を維持することが最終的な目標です。MI2
できるだけ削ったり抜歯したりといったことは避けたい。
しかし、こうした治療をすることでほかの歯や口腔内の健康が保てるのであれば、処置を行います。
詰め物やインプラントも、歯の健康を守るために行う治療なのです。

ここで大切になってくるのが、治療前の流れです。
繰り返しお伝えしているように、MIは「歯の健康を守るためのアクション」です。

しかし、歯科にかかる患者さんの多くは、虫歯や歯周病など、何らかのトラブルが生じてから、初めて来院されます。
問題が生じてから来院されるため、治療を行うことが優先となり、治療が終了したら再びトラブルが生じるまで来院されない。
こうしたフローになると、状態が悪化する可能性はありますが、改善される可能性は低い状態になります。トラブルを未然に防ぐこともできません。

MI3

MIの考え方を取り入れた治療の場合、ここに「予防」という概念が追加されます。
予防とは、「トラブルが起こらないように歯の健康を管理する」歯科です。
定期的に歯のメンテナンスを行うことで、虫歯や歯周病などを防ぐだけでなく、病巣の初期発見、早期治療にもつなげることができるのです。
MI4

当院では、患者さんの歯の健康を第一と捉え、MIの理念を取り入れた治療を実施しています。
歯の管理、トラブルの予防を徹底することで、快適な生活をサポートいたします。

可能な限り「歯の神経を残し/抜歯を回避する」治療

可能な限り「歯の神経を残し/抜歯を回避する」治療

神経を抜いてしまった歯は、抵抗力が弱くなり、もろくなりやすいです。そのため、健康な歯を保存するためには、神経を取り除く処置はなるべく回避したいと考えています。

しかし、進行しすぎてしまった虫歯の場合、どうしても神経を取り除かなければいけないケースもあり得ます。
こうした際には、患者さんにしっかりと現在の歯の状況と、理由も含めて処置の方針を説明し、ご納得いただいたうえで治療にあたっています。

コラム最短1日/低価格で「銀歯を白く」する方法もあります

一般的に虫歯治療の際に利用する「詰め物」は銀歯をイメージされるかと思いますが、当院では白い素材を利用したダイレクトボンディング法で対応しています。

専門的なお話になってしまうため、詳細は割愛しますが、端的にお伝えすると「銀歯」を利用する場合、歯を大きく削る必要があります。

しかし、「ダイレクトボンディング法」では銀歯のような「固形物」ではなく、「ゲル状」の素材を利用しますので、歯を削る量を最小限に抑えることができるのです。
また、この治療法は下記のような特徴もありますので、患者さんに非常に喜ばれています。

・白い素材なので銀歯と比べ見た目がいい
・1回~2回の来院で治療が終了

※ダイレクトボンディング法での治療。時間の経過とともに変色するリスクがあります。

虫歯治療後の詰め物・被せ物の種類

虫歯を治療した後には、詰め物や被せ物を行わなくてはいけないケースもあります。
ここで注意したいのが、保険適用となる被せ物の素材は銀歯のみであるという点です。

銀歯は安くて加工も簡単なため、多くの治療で使われてきました。しかし、見た目が悪く、耐久性に欠けるなどの課題があります。また、治療の精度が低くなりやすく、あまりにひどいと再治療になるケースや、金属アレルギーを誘発する可能性などもあり、デメリットも大きいのです。

保険適用外(自費診療)の詰め物や被せ物は、審美性が高く、身体に負担の少ない素材であり、耐久性も高いものが多くあります。その分、保険が適用できないため治療費は高額になりやすいという点が課題です。

当院では、患者さんのお口の状況などに合わせて、最適な素材を提案させていただき、最終的な判断は患者さんに行っていただいております。
素材の詳しい特徴については『料金表』をご確認ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • Mail相談

電話でのお問い合わせ

043-307-3588
〒260-0025
千葉県千葉市中央区問屋町2−29
イオンスタイル千葉みなと内

このページの先頭に戻る